妙高山・火打山登山

 毎年恒例の遠出の夏山登山。今年は、新潟県の名峰、妙高山と火打山に行ってきました。

 連日の雨、台風が通過したばかりで、天候が不安でおそらく雨にあたるだろうと思いながら出かけました。
 山の日を絡めていったので、すごく混んでいるかと思いましたが、意外や意外、全然混んでなくてビックリでした。そして標高のわりにおそらく大変だろうと思っていましたが、想像以上に大変な山でした。

 私は、一般的な登山ルートの笹ヶ峰キャンプ場(標高1,300メートル)から、高谷池ヒュッテ経由で火打山に登って、その後、黒沢池ヒュッテでテント泊、2日目に妙高山に登って、黒沢池ヒュッテでテントを撤収して、笹ヶ峰キャンプ場に下山というルートで歩きました。

 まずは、笹ヶ峰キャンプ場から富士見平という、高谷池と黒沢池の分岐点になるところまでが最初の難所で、一気に2,000メートル付近まで3時間ちょっとかけて登りました。木道が多くて歩きやすいのですが、途中の十二曲がりとその後の急登がかなりきついところでした。でもそこまで来るとかなり標高が高いので、北アルプスが一望できて眺めがとてもよかったです。

 富士見平は、残念ながら富士山は見えませんでしたが、そこの黒沢山で高谷池と黒沢池に分かれるところを私は高谷池方面に向かいます。ここまで登ると緩やかなアップダウンの繰り返しでとても楽に歩くことができます。1時間ほどで高谷池ヒュッテに到着してしばし休憩。そして荷物をデポして、身軽になって火打山にアタックです。


 火打山までは、高谷池の湿地帯や天狗の庭の湿地帯など見どころも多く、木道もあったり勾配も比較的緩やかなので、とても登りやすい山で、もっと上かなと思っているうちに山頂に着きました。おおよそ高谷池ヒュッテから1時間30分くらいだったと思います。そこでインスタントのパスタを食べて展望を楽しみました。その後、約1時間で高谷池ヒュッテまで下山して小休憩ののち、2日目のことを考えて黒沢池ヒュッテに向かいました。黒沢山の低いところを超して裏側が黒沢池になっていて、約1時間で黒沢池ヒュッテについて1日目の行程が終わりました。約8時間ほど歩いて疲れましたが、15時前に着いたので楽にテント泊の準備ができました。

 夜に雨が降り出して、2日目の妙高山はダメかなと思いましたが、朝起きたら雨がやんでいたので、テントはそのままで妙高山にアタック。約2時間30分で頂上に到着。頂上までは、外輪山の大倉乗越峠を越して一度下って、その後の内輪山がとにかく急峻で穏やかなところがないまま山頂までかなり体力を使いました。山頂は周りが雲で結局何も見えませんでしたが、達成感がいっぱいの山でした。

 約2時間で黒沢池ヒュッテに戻ってきて、テントを撤収して小休憩を取って、11時前に下山を始めました。初めの1時間は、黒沢池の湿地帯の木道をひたすら歩くのでとてもいい感じでした。富士見平からはずっと降り続けて、こんなに登ってきたかなと思うくらい下りの連続で足はがくがくで膝が笑い出して、肩は痛くなってきて大変でした。富士見平から2時間30分ほど降り続けてようやく笹ヶ峰に戻りました。かなり疲れました。


 その後に、杉ノ沢温泉センター苗名の湯に入って、上越市のミサ食堂本店で味噌ラーメンを食べて新潟へと向かいました。

 登山を終えての感想としては、北アルプスよりつらいくらいでした。それは樹林帯が山頂付近まであって、見晴らしも悪いし、足場もどろどろで、蚊とか虫が多く、暑くて汗でびじょびじょになりました。ここの山は、秋の紅葉がよさそうな感じです。尾瀬に近いと思います。そして、高谷池ヒュッテは雨だとテント場が水没するとか、トイレの使用した紙は持ち帰りだとかあったので、黒沢池ヒュッテにしましたが、確かに湿地帯の中で水没が危険ですけど、砂地でテントには最高で、ロケーションも黒沢池ヒュッテよりは断然良い感じでした。湿地帯と火打山とテントが写真に収めることができます。そして、トイレも回収されていてきれいな水洗になっていて、紙もその場に捨てられるし、テント泊代も400円と安いし、ビールやジュースもそれなりでした。黒沢池ヒュッテは、テント泊代も1,000円で、ジュースで500円もしたし、とにかく虫が多かったのでテント泊には大変でした。
 でも、百名山を二つ制覇できたので最高でしたー。
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

夏山登山第1弾

 週末に夏山登山第1弾として、那須岳に行ってきました。
 那須岳といっても、茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の3山を総称して那須岳というようで、私が行ってきたのは3山の中の最高峰で、一番メジャーな茶臼岳に登りました。

 登山に行く前に、美味しいパン屋ペニーレインの名物ブルーベリーブレットを山頂で食べるために購入。

 茶臼岳は、ロープウェイがあるので1時間かからないくらいで山頂にと到着することができます。山頂に噴火した後のお釜があって富士山のかなりミニチア版のお鉢巡りができます。現在は、そのお釜の南側の方から、噴煙(硫黄の蒸気ような感じ)が上がっています。
 その山頂の西側を下っていくと、避難小屋あってそこが十字路となって、茶臼岳、朝日岳、、三斗小屋、駐車場に分かれます。

 私は、三斗小屋温泉へ。約1時間、下山してい行くと突然2軒の旅館が出てきます。江戸時代の三斗小屋宿からさらにちょっと登った位置にあるのが三斗小屋温泉の煙草屋旅館と大黒屋旅館です。私は一度泊まったことのある煙草屋旅館にまたお世話になりました。

 ここの温泉は、若干鉄分の多い感じの泉質で、ほぼ透明に近い感じで若干白っぽい感じもする温泉です。ここの魅力は何といっても露天風呂。夜は真っ暗になるので、星空を満喫しながら星が降ってくる中で温泉につかれます。今回はほぼ満月だったので、星は全く見えず月明かりの中での温泉でした。
 でもいい温泉で3回も温泉に入りました。

 夕食や朝食は、これぞ旅館って感じのメニューで落ち着いたものです。
 夕食は、豚肉のソテーに甘露煮のような感じの魚(ヤマメ?鮎?)があるので、ご飯が十分に食べれます。朝食もゆでたての温かい温泉卵が魅力でご飯が進みます。

 天気が心配でしたが、天気に恵まれいい登山ができました。
 また今週末、山の日に別の山に出没したいと思います。

theme : 登山
genre : スポーツ

美味しい鮨

 週末は、広報の仕事でつながった近隣市町のお友達と、美味しい、回らない鮨を食べてみたいということで、塩釜市に行ってきました。塩釜市は、生のメバチマグロが日本一の水揚げ(前に聞いた話なので、現在は違うかもしれません。)を誇るところで、三陸沖に近いことから、金華サバなど近海の新鮮なネタが多くあるところで、寿司屋の数が多いことでも有名なところです。

 そんなところで、有名な寿司屋というと、「すし哲」と「亀喜寿司」だと思います。
 だけど、私が好きなのは、「鮨 しらはた」というお店で、確かすし哲の兄弟のお店だったと思います。お品書きなど内容も一緒だと思います。

 鮨しらはたは、もう20年くらい、年に一度くらいのペースで訪れているところで、私のお気に入りです。
 そこに今年も食べに来れて満足でしたが、お友達も大満足した様子だったので、うれしかったです。

 食べたのは、特上にぎりで、私は魚卵系がダメなので、数の子といくらをカニと煮だこに変えてもらって、そこにづけマグロをプラス、そして毛ガニの味噌汁を付けました。
 いつもこのパターンばかりですが、赤身のづけに、中トロ、大トロとマグロ3貫がそろいますし、うに、あわび、ひらめ、あなご、ボタンエビなど、とても満足なネタばかりでした。


 なかなか行けるお店ではないですが、また行きたいですね~。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

第1回普及部会

 久しぶりの更新、そして久しぶりのスキーの話題です。

 昨日は、福島県スキー連盟2017-18の事業や担当者決めなどの、教育本部教育普及部会が猪苗代で行われたので行ってきました。

 暑い暑い夏なので、すっかりスキーの話題がなくなってきて、私自身もすっかりスキーことを忘れてた感じでした。

 来シーズンの教育本部のスキー関係ですが、大体は例年の通りですが、大きく変わったところが何か所かあります。
 まずは、スキー技術選が猫魔からだいくらに変わります。そして、栃木県と共催で行われるということに変わるようです。どちらも参加人数の減少、そしてブロック技術員は、参加人数に関係なく一定の数は必要ですので、経費節減のためにも共催ということになったようです。日程については1月下旬ですが、栃木県の日程もあるのでまだ詳細は決まっていません。

 そして、年代別技術選は、県独自のの年代別ではなく、東北ブロックの年代別技術選が福島県連当番で行われるので、大幅に変わります。
 日程は、3月18日(日)、場所はあだたら高原スキー場は行われます。どんな感じになるのかわかりませんが、そちらの事務担当になってしまったので、頑張りたいと思います。

 あとは、指導員の養成講習会の後期の日程が、2月最初の土日とかなり早く行う予定です。そして、指導員の検定の1週間前あたりに補講という形で、希望者を募って講習会を行うような感じにしたいということでした。
 昨シーズン、試験的にスキー高校を開きましたが、そういった形で行って、ビデオを撮ったり種目のさらなる理解につなげたいということでした。場合によっては、指導員はたざわ湖までなんて話もありましたが、それは受検者次第ということになりそうです。

 こんな感じで、いろいろ話が出ましたが、また、次のシーズンに向けて気持ちと体を整えていきたいです。

theme : スキー
genre : スポーツ

くぼたアジサイ祭

 ここ3年ほどお邪魔している、伊達市梁川町山舟生地区のくぼたアジサイ祭に今年も行ってきました。
 このアジサイ祭は、アジサイを見るだけではなく、いろいろな出し物、余興もあって、夜にはペットボトルにろうそくを付けた「ペットボタル」が会場を中心に地区一帯を柔らかいろうそくの炎で包み込みます。

 今年は6月がとても寒くて、山々は残雪が多かったことにもつながるほどでしたので、里山でもアジサイの開花が遅れて、7月になってからって感じでした。
 ところが、7月に入ってからは真夏のような暑さで、連日、真夏日や猛暑日が続いて、咲いたと思ったら焼けてしまうような感じでいつものようなアジサイがもりもりと咲く光景は見られませんでした。

 でも、ところどころにはちょうど見ごろのアジサイもあって、近くの畑がひまわり園になっていたり、ちょうど夕日がいい感じになっていたりとアジサイ以外にも感動的なものがありました。



 そして本番のペットボタルでは、19時に一斉に点灯し始めて、19時30分~20時ごろにはちょうどいい感じで、暗い中で幻想的に光を放っていました。

 これだけ大掛かりなものを、手作りで全部作って設置していくことを考えると、地区の皆さんの協力と頑張りがどれほどのものかと、感謝の気持ちでいっぱいになります。
 継続することは大変なことだと思いますが、まだまだ継続していってほしいな~と思います。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ