だんだん紅葉が始まりました。

土曜日の夜に霧が出てきて、天気予報でも濃霧注意報が発令されました。
実は、雲海と紅葉が撮りたくて休みの土日でそういった天気を待っていいたので、ここぞとばかりに日曜日の朝に早起きして霊山に登山してきました。
まだ真っ暗の状態で、ライトつけて獣に出くわしたら怖いので、熊鈴とスマホの音楽をかけながら登山開始。
撮影スポットの甲岩に着いた頃には、だんだん明るくなってきて、青みがかった雲海が見えてきて、そこから徐々に少しずつ色づき始めた霊山が見えてきました。

雲海の方は福島市は完全に雲海でしたが、伊達市など標高の高いところはあまり雲海が広がらなくて、もう一歩。そして曇り空だったので余計に色が偏っていていまいちでしたが、朝早起きして登ったかいがある雲海を拝むことができました。

紅葉の見ごろは、今月末ごろになりそうなので、あと一度くらいチャンスが来ないかな~と思ってます。
すごい写真撮ってみたいな~。
スポンサーサイト

theme : 登山
genre : スポーツ

シャインマスカット

先日、フルーツ王国福島の秋の味覚、ブドウをいただきました。
ブドウの中でもとても人気のあるシャインマスカット。

うちでは、巨峰や高尾くらいしか食べたことないほどで、人生で何回目かなというくらいでした。
巨峰のイメージが強いので、前に食べたことのあるシャインマスカットは、フレッシュな感じはすごくするけど、ちょっと青臭いような甘さはないイメージだったので、そういうイメージで食べたら、フレッシュなのにとても甘くて美味しい。こんなシャインマスカット初めて食べた~って感じでした。

家族もバクバク食べて、あっという間に一房なくなっていきました。美味しいと食べるスピードも速いですね。ただ、皮ごと食べなきゃいけない、皮ごと食べれるシャインマスカットですが、なぜか皮をむきたくなるのは、昔の考えというか今までのブドウのイメージが強すぎるんでしょうね。

めっちゃ、美味しかった~。
福島のブドウ、最高です。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

政宗ワールドフェスタ

今年は、伊達政宗生誕450年だそうです。唐突な話ですが、伊達市は伊達氏発祥の地で、伊達政宗のおじいさんの晴宗が米沢に本拠地を移すまでの間、約400年間、伊達氏の居城は伊達市の梁川や桑折町にありました。
仙台市では伊達政宗生誕450年のイベントなどが開かれていて、先日は、仙台城で政宗生誕450年記念事業政宗ワールドフェスタが行われました。伊達市や大崎市(旧岩出山町)、米沢市など政宗ゆかりの地の伝統芸能など、さまざまなアトラクションを仙台城の本丸跡で行われました。

何団体かきて、鉄砲隊の披露もあったり、仙台伊達武将隊の演武もあったり、なかなかの迫力でした。私は、もちろん霊山太鼓の演奏者として参加してきて、午前と午後の2回ほど叩かせてもらいました。

かなり大きなイベントだと思っていったのですが、仙台城を守る会的な市民団体の活動のイベントのような感じで、アナンサーがいなかったり、出演の時間やいろいろお世話してくれる方もいなかったりで、自主性のイベントって感じでした。
でも、その中で、午前の時にはたくさんの人が見てくれてとてもよかったな~と思います。

政宗生誕450年ということで、伊達市でも歴史的なものでの催しが企画されています。
ぜひ伊達市に遊びに来てほしいなと思います。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

指導員受検者の皆さまと

30日の土曜日に、昨シーズン、指導員養成講習会で受け持った生徒さんたちに声をかけていただき、懇親会に参加してきました。
だいぶ時間がたってしまったので、かなり昔のような感じですが、久しぶりにに受講生の皆さんにあえて、たくさん話をしながら楽しい時間を過ごしました。

こういった立場にいると、こうやって懇親会を開いて呼んでもらえただけで、やっていてよかった~と思いますし、お互いに頑張ったな~と思います。
いろいろな話の中で、受検者たちの検定前日の練習や、検定当日のエピソードをいろいろ聞いているうちに、ほんと一人、一人、ドラマがあったんだな~と思いながら、よく頑張ったな~と思います。私も受検するころはかなり熱かったというか、頑張っていたと思うので自分が受けたころを思い出しながら、受検するモチベーションと頑張る姿にすごいな~と思いました。

受検者の中には、受検する前年に悩んで私にメールをくれて、私も長々とメールで返信しましたが、そのメールをプリントしていまだに持っているようで、見せてくれました。私もそういったやり取りはしたな~と覚えていましたが、細かな内容まではすっかり忘れていて、読ませてもらってやった思い出して、そういえば書いた書いたと思いました。私一人でどうこうなったわけではないですけど、少しでも技術やメンタルの向上に役に立ったのかな~と思うと指導者冥利に尽きるというか、うれしかったです。
懇親会で、また今シーズンも頑張ろうって気持ちになることができました。今シーズンもまた新しい出会いの中でスキーの指導を頑張りたいなと思います。
受検者の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。
また今シーズンも一緒に滑りましょう。

theme : スキー
genre : スポーツ

定期総会

22日の金曜日は、クラブの平成30年度定期総会が、いつもと同じように福島県青少年会館で行われました。
私も仕事が終わってから急いで向かいましたが、ちょうど始まったころに着きました。会費の納入や、預かってきた同じ職場の方々の会費や研修会の申し込みをしているうちに、総会は結構進んでしまっていて、今年度の事業予定や予算のあたりからやっとちゃんと話を聞くことができました。

例年通りの方々しか総会に来てないような感じで、変化がないので新鮮な感じもなく、今年も総会のご案内をしたら、退会希望者が出てきたとか、昨年より繰越額が減っているとか、暗い話ばかりで、どうしたらいいのかってみんな思っていることだと思います。でもいろいろな意見もありましたが、なかなか難しい問題で、結論はでないですね。少子高齢社会で、スキーだけではなく、社会そのものが右肩下がりなわけで、維持するのでも難しい世の中が目の前にあるわけですから、厳しいですね。
40代くらいまではかろうじてスキーをする人、クラブに入会して本気でスキーをしている人がどこのクラブにもいると思います。ところが、30代、20代になると、うちのクラブもそうですが、どこのクラブもごく少数でその世代の方々???どうているのかなと思います。
なんとなく思うことは、私たちの年代までは、先輩方に従えというような上下関係やそういった付き合いが多いので、そういった世界に悪く言えば引きずられて、つながっていくような感じだと思いますが、若い方々の世代になると、オンリーワンって感じで個人の個性を大事にしましょうというような感じで、団体、上下関係より、個人・少人数で活動が多いのかなと思います。
そういった中からどう取り込むか、いろいろな取り組みをしていく必要があると思います。ジュニアからスキーの楽しさを伝える活動や若者にスキーを経験してもらう活動、うちのクラブ単独ではかなり厳しいので、NPO法人など集客できるだんたいとコラボなどが必要なのかなと思います。あとは、よく話の出る会費と事業の見直しは、ほんとやっていかないといけないですね。

まぁ、暗い、重い感じでしたが、雪上の上では楽しく滑りたいと思うので、たくさんのクラブ員が参加してみんなで盛り上げて素晴らしいシーズンになればいいなと思います。

theme : スキー
genre : スポーツ

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ