台湾に快勝ですが・・・

 昨日の予選リーグ最終戦、予選通過は決まっていましたが、ここで台湾に負けると2位通過で先にA組1位通過の韓国と準決勝であたるので、かなり厳しい試合になると思われるのでどうしても台湾に勝って1位通過したいという思惑のある試合で、先発は聖光歳内君でした。

 それだけ信頼を持って先発したと思いますが、3回1/3イニング1失点1三振と先発としては5回持たず、4回途中でピンチを作った場面で降板というちょっと悔しい結果となりました。
 歳内君は三振を取ることが魅力なのに1つだけということはよほど調子が悪かったのか、台湾打線がすごかったということになりますね。

 歳内君のコメントも「振りが鋭かった」といっているようにちょっと苦戦したようですね。

 その後、鹿児島実業野田君の好投と最後のピンチでも守護神日大三吉永君がぴしゃりと抑え、東海大甲府高橋君などの活躍で3対1で勝利しました。

 これで、今日、A組2位のフィリピン戦にはおそらく勝てるでしょうから、来年の世界野球選手権出場権を獲得できるのではないかと思いますが、明日のニュースを楽しみにしてたいですね。

 今日はおそらく、金沢釜田君、英明松本君(東洋大姫路原君、唐津商北方君)あたりが投げるのではないかと思います。
 この大会は歳内君と釜田君が先発しているので、ローテーションがあるとすれば、決勝韓国戦(台湾??)で歳内君が先発なんてことを考えてしまいますが、どうなんでしょうね?

 台湾打線に苦戦していることを考えると、もう登板のチャンスはないのかななんでマイナスに考えてしまいますが、どのような調子の状態かわかりませんが、決勝で先発、5イニング以上投げて1失点8奪三振くらいの素晴らしい投球をして欲しいなと思います。

 きっと修正して球威を戻して決勝に合わせてくると、このままでは終わらないと信じています。
 ドラフトへ向けての最終評価へつながる1戦だと思うのでほんとに頑張ってほしいですね。
スポンサーサイト

theme : 高校野球
genre : スポーツ

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ