楽天が2連勝で2勝1敗

 プロ野球日本シリーズ、場所を東京ドームに移して3連戦の初戦を楽天が勝利して、2連勝で対戦成績を2勝1敗としました。
 チケットが取れませんでしたので、毎試合テレビで観戦してますが、楽天のラッキーボーイ的な活躍をしてるのが2番セカンドの藤田選手だと思います。
 大事なところでの美守、そしていい場面でのヒットがあり点に絡んでます。そして何がラッキーかと言えば、アウトなのにセーフになってしまうんです。
 昨日も4対0で序盤リードしていてそのまま後半に入ってきて流れが巨人に行きそうなときに貴重な追加点が入ったのですが、そのホームを踏んだのが藤田選手で私の眼にはアウトに見えたのですが判定はセーフ。楽天を応援してるので良かったと思ったのですが、やはりスポニチには決定的な写真が載ってて、アウトにしか見えません。
 また、第2戦目の2対1で勝った、2点目を挙げた貴重なタイムリー内野安打を打った藤田選手ですが、やはりどう見てもアウト!セーフの判定のおかげで田中マー君が勝てたのでほんとよかったというか、運があるな~と思います。
(第3戦の藤田選手本塁でのタッチプレイ(判定はセーフ))

(第2戦の藤田選手の貴重なタイムリー内野安打)
20131030rakutenn1.jpg
 写真を見てもらうと明らかにアウトですよね。
 楽天に流れがあるとしか言いようのない状況ですね。しかも昨日のレイや斎藤隆の投球を見ていても意外と甘いボールが多いのですが、巨人の選手が全く触れていない。特に阿部、高橋、ロペス、亀井は則本と田中マー君に完全に崩させられてくるってる状態になってるから、甘いボールも打てない状況になってると思います。
 元楽天のヘッドコーチで現巨人の戦略コーチである橋本さんがかなりデータはとって対策を立てているはずなのにこういう状況ということは、データの傾向と戦略が全くあっていないのでしょうね。おそらく楽天もデータをとって対策を立ててると思いますが、相手がどうのこうのよりも短期決戦用に普段と攻め方守り方を変えている、横の変化ばかりだったものを縦の変化を多くつかっているから、巨人打線が打ててないと思います。以前の日本シリーズも西武の岸のスローカーブ、日ハム時代のダルビッシュのスローカーブ(その時怪我で普段と違う投球をした)で巨人がやられたことがあります。それを参考に楽天が、則本、マー君にはフォークとスピリット、美馬にはカーブを普段より多く使うことでいい投球につながっていると思います。
 嶋の巧みなリードのおかげが最大の要因になっているのでしょうね。
 東京ドームの残り2戦を1勝1敗で乗り切って、Kスタで田中マー君で初優勝を決めてほしいですね。
20131030rakutenn3.jpg
20131030rakutenn2.jpg
スポンサーサイト

theme : 野球全般
genre : スポーツ

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ