霊山神社春季例大祭

 昨日は、地元霊山神社春季例大祭で私は霊山太鼓の奉納で行って叩いてきました。

 まずは皆さんは霊山神社をご存知でしょうか?
 霊山神社は、明治以降の近代社格制度において、戦前まで別格官幣社の社格を持っていた由緒ある神社で、現在は神社本庁の別表神社。建武中興十五社の一社。戦前までは県北一の県内でも5本の指に入る社格を持った神社でした。
 祭神は、建武の新政で南朝に従った北畠親房、顕家、顕信、守親の親子。
 歴史としては、徳川吉宗の孫で白河藩主の松平定信がこの地に霊山碑を建てて、米沢藩の中山雪堂らが神社創立運動を起こし、明治天皇の東北巡幸の機会に陸奥国府のあり、建武の新政にゆかりのある霊山に選定されて、明治12年に創立されました。
(豆知識)
 近代社格制度:明治維新後の制度で、官社、諸社(民社)、無格社に分け、伊勢神宮がすべての神社の上にある特別な存在とされていた。
 別格官幣社:官社(国から奉幣を受ける神社)の中の一つで、国家に功績をあげた臣下や国家のために亡くなった兵士を祭神として祀る神社。上杉神社や日光東照宮も別格官幣社だった。

 そんな霊山神社ですが、祀られている北畠顕家が国富を多賀城から霊山城に移し入城した時に武運長久、家運隆盛を祈って剣舞を奉納したと伝わっていて、霊山神社の春季例大祭では濫觴武楽(らんじょうぶがく)が奉納されています。

20140429maturi3.jpg
 濫觴武舞の後には、獅子舞も奉納され、その後に霊山太鼓、そして舞台でいろいろなものが奉納されて、霊山神社の春季例大祭が行われました。
20140429maturi1.jpg
 お祭りといっても、賑やかな感じではなく、古き良きものを大切にして、ちょっと緊張感のあるようなお祭りなので、見物客などもちょっと年配の方々が多く、落ち着いたお祭りです。
スポンサーサイト

theme : 今日の出来事
genre : 日記

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ