走塁の4番

 5月26日の日テレ系で放送された巨人対日ハム戦を見ていて、3―1で巨人が勝っていたんですが、同点に追いつかれたあと、先頭の高橋由伸ヒットで出て、ここは勝負だろって思ってみてたら、原監督がすかさず代走「鈴木尚広」をコール。ここぞという場面で走塁のスペシャリスト鈴木という走塁の4番のカードを切り勝負に出ました。

 その前の回は、25歳の坂本が先頭でヒットを打って、すかさず盗塁を試みましたが、巨人から移籍したキャッチャーの市川に刺されてアウト。広島にFA大竹の人的補償でとられた一岡投手といい、日ハムに金銭トレードされた強肩市川捕手といい、巨人を出るとなんでそんなに活躍するのって思ってしまいました。

 そんな前の回のことがあったから、例え、鈴木といえどもこの場面で走れないだろう、絶対に走ってくると思っている代走として出て、絶対に失敗できない場面でかなり厳しいな~と思ってみてたら、次の打者の長野は案の定送りバントの構え、やはり送りかと思っていた2球目、鈴木が盗塁!しかもキャッチャーが投げられないくらいのスーパースタートで余裕のセーフ。
(飛ぶスライディングといわれている鈴木選手)
20140528.jpg

 恐れ入りました、さすが鈴木です。36歳になっても18歳の頃より早くなったと言ってるだけのことはあるな~と思いました。
 しかも、代走での盗塁が106個目となり、日本新記録を樹立しました。
 そして、4月には史上72人目の200盗塁を記録しましたが、規定打席に一度も到達していない、いわゆる控え、代走メインの選手では初の200盗塁超えとなりました。
 そしてもっとすごいのは、200盗塁以上した選手の中での盗塁成功率が0.820で2位です。代走メインで通常レギュラーで出ている選手よりも走る機会が少なく、走りづらい警戒されている場面でばかり出場しているのを考えるとすごい成功率だと思います。しかも、あと13連続で盗塁を決めれば、1位の0.829を超えるそうなので、今シーズン中に達成してほしいな~と思います。

 ネットでも鈴木選手の偉業を伝えています。
盗塁成功率・820 巨人・鈴木“二盗流”の極意とは(ヤフーニュース)

 私も野球をやっていて、今の職場で野球を今年で20年目で昨年終了時で通算274盗塁で、目標としては300盗塁をして引退したいと思っています。私は日ごろ脚力の低下や脚がつったり、肉離れしたりと悩まされていてかなり全盛期に比べたら走れない状況ですが鈴木選手に負けずに頑張りたいなと思います。

 福島県出身でしかも無名の選手だった鈴木選手が、巨人の生え抜きで一番の古株の18年目を迎え、しかもレギュラーじゃないのにずっと一軍で代走で出場していることがいかにすごいことか、戦力外やトレードなど入れ替わりの激しい世界でしかも巨大戦力の巨人でずっといることがどんなにすごいことか、野球好きにしかわからないと思いますがほんと福島県の誇りとなる選手だと思います。
 
スポンサーサイト

theme : 野球全般
genre : スポーツ

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ