ニコン 80-400mm f4.5-5.6VR

 ニコンの一眼レフを使っていて、スポーツものや鉄道など乗り物を撮る時に出番が多い望遠レンズ。いつもは70-200mmf4という、いわゆる小三元の望遠を使っています。とても解像度が高くて、f2.8の大三元ほどの柔らかいボケは出せないけどいい感じのボケにもなるので、とても気に入っているレンズです。ですが、やはり気になるのは200mmまでの望遠だということです。スポーツものを撮るのに使っているのがAPS-CサイズのD500なので、フルサイズ換算で300mm、1.3倍クロップで約400mm相当の画角て撮影可能です。でもあと100mmちょっとは足りない、欲しいという場面に必ず出てきます。

 そこで、出番が高倍率ズームのタムロン16-300mmf3.5-6.3です。300mmまで行けるので、600mm近くの画角で撮れるのですが、そこで問題なのは解像度、AF、シャッタースピードです。高倍率なので解像度も悪ければAFも遅いです。シャッタースピードも6.3なので、f4より1.5段分遅くなると思うので3倍遅くなる計算になるのかなと思います。(1/1000⇒1/300)AFは何とかなるとしても、後ピンじゃないかと思うくらいゆるい感じになってしまって、絞るとシャッタースピードが遅くなるので、実際にはあまり使えない感じです。やはりどうしても軽くしたい1本で行きたい、例外的に出番が来たというときなどで使えるレンズかなと思います。

 総合すると、70-200mmは画質は大満足だけど望遠が足りない。16-300mmは望遠は可だけど、画質は不満足。というわけで、300mm以上の望遠をずっと探していました。

 候補は、以下の4本。
   ①ニコン 70-300mmf4-5.6
   ②ニコン 300mm300mmf4
③ニコン 80-400mmf4.5-5.6
   ④ニコン 200-500mmf5.6
 おそらくニコンの人はこの4本で悩むと思います。

 メリットは、①は値段。②は軽さと画質。③使い勝手と画質。④は超望遠と値段と画質のバランス。
 デメリットは、①は画質とAF。②はズームなし(単焦点)。③は値段。④はでかい・重いし200mmから。

 そして、結論は80-400mmにしました。画質は300mm単焦点の方がいいし、軽いのでいいんだけど、単焦点なのでその距離に合うところまで自分で移動しないとだけど、それができないところでは使いづらいので使い勝手がダメで消去。70-300mmは画質的に新たに買う意味がないかなと思い消去。200-500mmは値段的にも画質的にも引かれましたが、でかさと重さと何より200mmからという超望遠すぎるくらいなので使い勝手で持て余すことが多いかなと思いました。

 値段的には高いけど、使い勝手はとてもいいし、AFは爆速だし、画質も単焦点や大三元小三元にはかなわないけど、EDレンズやナノクリも使われているゴールドリングのレンズなので、ちょっとF値は低くて5.6だけどそこだけは目をつむって、どちらかというと野外メインなので、これでいいかなと思いました。

 D500につけた感じは、もともとD500のボディは大きい部類だと思うので、レンズが大きくても似合うかなと思います。 
 まずは、何から撮ろうって感じですが、何か取って写真の画像を比べてみたいと思います。
スポンサーサイト

theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ