ニューブーツ

 中々更新できなくて久しぶりの更新です。

 先日、いつもお世話になっている阿部さんのところにお邪魔して、ニューブーツとインソール調整などしてもらいました。
 愛用しているレクザムのブーツで、同じバージョンで同じサイズのものなので特に目新しいわけではありませんが、今まで使っていた物の新型にさせてもらいました。なので、特に展示会で履いたり、試しに履いて滑ったりはしないで、いつもそうなんですがこれですねって感じで6月ごろに履いてみて、履けたからOKみたいな感じで、今時期に購入となるのがいつもの私のパターンになっています。

 今の履いているブーツの前までは、トルク130のモデルを履いていて、高速ではとても良くて良かったのですが、低速では動きずらいし、厚みがあるからなのか調整してもきついというか疲れるので、前回の時にラストがMでトルク110のデータM110にしてから動きやすいし、特に調整しないでも足は当たるところないし、とても楽なブーツでした。その反面、ゆるいわけではないですが、ちょっと余裕があるというか足首回りの反応が鈍感な感じになって、俊敏な動きがやりずらかったです。

 今回も同じデータM110なんですが、前のモデルより格段に足首回りのインナーが肉厚で硬いし、アウターの剛性も高くなっているのか、しっかりした感じだしびた~と締め付けられる感じです。間違いなく始めは足がしびれて滑れないくらいになりそうだなと思います。でもインナーがへたってもこれはかなりぴったりきそうなブーツです。
 滑ってみないとわからないですが、前のモデルは操作しやすい、快適感の強いモデルでした。それは前傾角度が起きていたせいだと思います。それでどうしても高速で私の感じでは遅れるというか、起こされるような感じがあって、抜けることが多々あって転びそうになったり、転んだりしたこともありました。今度のモデルは、以前のレクザムに戻ったかのように前傾角度がついていてスピードが出ても板とともに前についていけそうな感じです。その辺りがとても変化したように感じます。

 あとは、インナーから含めて剛性感、密着感がかなり増しているように感じます。
 この2つの変化が履いた感じの感想ですが、いい方向に良くなっていると思うので、シーズンインして滑ってみてどうか楽しみです。

 富士山の初冠雪は観測史上最も遅いし、月山も20日以上遅い初冠雪。吾妻山はまだ初冠雪を記録していないし、今シーズンもどうなるのか心配な面もありますが、早く雪上に立ちたいものですね。
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ