SAJウェア

 来週のオニコウベでの東北ブロック研修会から着用する、SAJの新しいウェアが届きました。
 全日本や県連の事業・行事で、ブロック技術員が着用しないといけないウェアで、私はこのウェアで自分の任期期間中で3着目になります。(ウェア自体は最初の時に販売していなくてその前のウェアをもらって着たので4着目)
 黒⇒赤⇒青&黒⇒黄色・水色とカラーが変わってきていて、落ち着いた色、派手な色が交互でくる感じです。
 今回のウェアは4年間着用という事のようで、そうすると前の青も4年たったのかな??なんだかあっという間ですね~。

 今回は、薄い黄色と水色。しかも若っぽくなったというか、ちょっと威厳がなくなったような感じのウェアです。
 このミズノのウェアは、前からそうですが温かいですね~。そして撥水性能が高いように感じます。今回のウェアから環境にやさしい撥水剤に変わったと書いてありましたが、性能が落ちることはなさそうな肌触りでいかにも撥水しそうな感じです。寒い時期にしか着ないからいいのですが、ベンチレーションとか転んだ時に雪が入ってこないようなウェアの内側にある物とか、全くついていない質実剛健なというか、簡素化されたウェアです。

 私のプライベート用のゴールドウィンと比べると、シルエットがちょっとでかく見えるような感じがします。綿が多いというかカッティングの問題だと思いますが、パンツもウェアもサイズはぴったりなのに何となくだぶつくような感じです。
 シルエット的にはゴールドウィンの方がいいな~と思いますが、撥水性能はゴールドウィンよりミズノの方が良さそうです。でもここ数年はゴールドウィンのウェアもめちゃ撥水性能が高くなりました。

 このウェアって、たぶん支給されているんだろうと思うと思いますが、自費で購入です。もちろん県連からの補助もありません。役の委嘱を受けて自費でそのウェアをそろえなきゃいけないという資金に乏しいので仕方がないんでしょうが、受ける方もなかなか厳しいですね。
 そんな愚痴を言いつつも、もうシーズンが始まろうとしていますので、今シーズンも精一杯スキーの普及と発展のために頑張っていきたいと思います。
 今シーズンもどうぞよろしくお願いします。
 
 
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ