いよいよ

 やっと福島周辺も冬らしい景色になってきました。
 先週までは全く雪がないような感じでしたが、週末は寒く雪が降って山も真っ白になりました。ただ、箕輪もまだホテル前だけなので、寒いけどガッツリ積もるような感じではないですね。天元台やグランデコ、山形蔵王とかでは決行コースが空いていて長い距離が滑れるみたいですね。

 私もようやくエンジンがかかってきたと言うかスキーに行こうと気分になってきました。
 そして、週末両日ともに滑るというようにいつもの冬になってきました。

 土曜日はフリーで空いていたので、箕輪に行って最初は午前中くらいと思っていたんですけど、指導員受ける方から一緒に滑りましょうという事だったので、そのお友達の方々と一緒に4人で午後2時ぐらいまで滑りました。私自身もまだ2回目のスキーだったし、組み立ても滑りも忘れかけていたので、自分でも確認しながら一緒に滑らせてもらいました。

 そして昨日は、今週末の指導者研修会に向けて、講師となるブロック技術員の実技研修で箕輪で滑りました。T専門員から滑走プルークへ行くまでの課程での考え方や滑りをチェックしてもらって、そこからパラレルへの発展の部分をみんなで確認しあいました。

 感じたのは、プルークでの回旋と角付けと荷重のバランスがとても大切だなと改めて思いました。私のタイプは、回旋が苦手で角付け量で調整しようとするので、どうしてもスタンス幅が大きく変わったり、スキーの先が開いたり、体が回ったりするので、ここ何年もその所を注意してやってきました。なので、とても今の受検者やカービングばかりやろうとする方が陥りやすい所だと思うのでその辺を整理して、研修会では上手く説明と滑りを進めていきたいなと思います。
 あとは、カービングの部分でずれないとかレールとか書いてありますが、結果はそうであっても板をたわます動きでそうできないとダメなので、ずらしてもいいから板がたわむような感じを掴めるような形でカービングを進めていきたいなと思います。

 週末から新しいウェアをきました。
 そして、普及部のGOLDWIN3人がそろったので、というかGOLDWINのウェアで3人そろうのはシーズンでそうないので写真を撮っちゃいました。

 
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ