福島県スキー技術選手権大会

 土日は、猫魔スキー場で福島県スキー技術選手権大会が行われました。
 私は、役員・ジャッジという事で金曜の夜に仕事終了後に裏磐梯に入りました。なので、状況も見ていないし、不安は多かったのですが、何とか終了することができました。

 状況としては、このシーズンなので新雪で柔らかめの滑りやすい状況で、とても攻めやすいというか斜度にさえ対応できれば大丈夫かなと思う状況だったと思います。逆に上の方レベルの選手だと柔らかくて滑りにくかったところもあるかもしれません。天気的には降雪はほとんどなく、土曜は寒さといつものガスの状況で、日曜は快晴無風で絶好の大会日和で、猫魔に来て選手と年代別初の全種目完全終了することができたくらい良かったです。

 大会は、トップ二人が抜けてたという感じで、向井君の駒ちゃんの争いで、最終種目のコブで駒ちゃんが初優勝しました。私もジャッジをしていて、駒ちゃんが板の抜けや脚が動く、外に出ていく量などかなり良かったと思ってみていました。そこに重心移動がうまくはまっていて、攻めているゴールに向かってくる感じがすごく伝わってきました。

 全体的には、雪不足だったりしたから、急斜面やスピード練習が足りなかったと思う滑りだったのかなと思いました。急斜面やスピードで重心移動がついていけなくて、後ろになったり、太ももがずっと寝た状態で下に落ちていけない感じの方が多かったように感じました。

 見ていて、私もすごく刺激を受けましたし、私自身もスピード練習や急斜面の練習をもっとしていかないといけないな~と改めて感じました。
 優勝、入賞した選手の皆さんおめでとうございます。そして、全日本に出場する選手はこれからますます滑り込んで頑張ってきてもらいたいと思います。
 参加された選手の皆さん、スキー場、役員など関係者の皆さん大変お疲れさまでした。
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re:

技術選お疲れさまでした。とりあえず、全日本出場おめでとうございます。
今回は上の方は開きがあって、下の方で詰まって混戦って感じの結果でしたね。
とりあえず、見ていて思ったのは、特に大回りですが、トップの重さというか抑えがゆるい感じがしました。それは重心移動の方向が前や落下方向ではなく、横になり過ぎているのかなと思いながら見ていました。でも、その辺りは合宿などでコーチから言われて自分でも思っている事だと思うので、これから1ヶ月滑り込んで修正してください。
プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ