白石ダイナミックスキークラブとの交流会

 12日の日曜日は、毎年恒例となった宮城県の一番大きなスキークラブ、白石ダイナミックスキークラブ(クラブ員約70人)との交流会がダイナミックさんのホームのみやぎ蔵王白石スキー場で行われました。

 この交流会が始まってたぶん7回目だそうです。白石スキー場で始まったのが最初なので、この会場で行われるのは4回目となると思います。一番最初の時は私は参加していないので、その次からは記憶にありますが、4年前は福島や宮城などで大雪となって国道や高速がストップして車が動かないまま一晩を過ごす人が続出した日で、もちろん中止となって私は現地まで行って帰ってくるのに3時間くらいかかった記憶があります。そして2年前は強風でA・Bコースのリフトがストップして一番おいしいコースで滑れなかった記憶があります。

 そして今回は、前日の土曜日が猪苗代で滑ってて大雪だったので、雪もやんで最高だろうと思っていったら、またまた強風。おまけにA・Bコースを2本滑ったらストップして、そのあとで風の当たらないEコースに行ったら、レストハウスからEコースへつなぐリフトもストップ。レストハスまで下がってしまうとハイクアップでないと上がれない状況になってしまったので、10時から始まった講習を休みも取らずに14時まで4時間続けました。

 Eコースはというと、宮城の技術選で不整地種目が行われるくらい、斜度もあって圧雪も入ってない状況で、最初はパウダーって感じでしたが、すぐにコブっぽい状況になっていきました。
 そして、下は緩中斜面って感じでいい感じの中急斜面はないので、何をして滑ったらいいやら、急斜面でコブって来たら早々にやることが限られてくるので、ひたすら上部は小回り、下部は大回りという展開で、外スキーだけ、テールジャンプ、横滑り系など、重心を前に落としていくことと、迎え角や板を回さずに横方向に一緒にずらしていく、上体を安定させることなどいろいろやらせてもらいました。

 状況が状況だったので、ちょっと難しいところもあったと思いますが、ダイナミックさんの方々はチャレンジ班で日ごろ滑っているといっていたのでいろいろとチャレンジしてもらいました。
 満足してもらえたらいいですが、どんな感じだったのかとても心配です、

 私自身は精一杯やらせてもらったので、やった感はありますが、私ではなく滑ってくれた皆さんがどう思ったかが大切なので今度あちらの技術員に聞いてみたいな~と思います。

 今年もお世話になりました。
 来年は風のない、米沢スキー場でお会いできることを楽しみにしています。
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ