準指導員検定会

 土曜日曜日と南会津町の高畑スキー場で準指導員検定会が行われました。
 私も検定員ということで、福島を夜9時くらいに出発して12時前に何とか到着して、検定会に臨みました。

 南会津も春って感じで、朝は放射冷却で冷え込んでカッチカチの硬いハードなバーンで、お昼頃から緩んで午後にはザックザクって感じでした。でも天気に恵まれて視界良好で、受検者もサポートの方々も種目に集中できてよかったと思います。
 私は、B型のB班(ジャッジ)ということで、いつもは種目ごと交互でやるんですが、午前中いっぱいはなしでスタート係や前走ということになりました。なんだか拍子抜けというか、ブロック技術員3人で上に集合して一人は前走するけど、2人でスタート待機だったので、出番なしって感じでした。でも2種目目実践の大回りの前走担当だったので、その時だけはちょっと緊張で、久しぶりに刺激がありました。

 朝一番で滑ったときに超硬くて、イガヤの斜面が怖いくらいだったので、ちょっとビビったけど実践の種目だから行くしかいという気持ちと、検定だから普通に滑れば、そこまでいかなくてもいいんじゃないという気持ちが混ざりながら滑ってしまって、滑り終わってからちょっと中途半端な感じだったかなと思いました。ゴールエリアに着いたら、良かった、きれいに滑っていたという人もいれば、レッドで滑ってた時はこんなもんじゃなかったとか、ゴールへの入り方がうねっている右ターンで入ったからバツとか、私の気持ちと同様にいろんな意見をいただきました。滑った後は思った以上にゆるんで滑りやすくなっていたから、もっと行けたなって感じでした。

 私の話ではなく検定のほうですが、今シーズンは本指の養成講習会の講師を担当していたから、滑りそのものを見ていないので検定でじっくり見ましたが、全体的にはバランスが悪いというのが一番感じたことで、びっくりしたのは理論の採点をしているときに問題が難しかったのかもしれないですが、点数が悪い!こんな理論なんて見たこともないし、平均点も悪かったと思います。特に滑りの技術的なところの問題が悪くて、理論から整理ついていないのが滑りにも出ているのだろうと思いました。
 今回は高畑スキー場ということで、例年にないくらい斜度感があって、ハードなところにカリッカリのバーンになったので、さらに手ごわい状況でしたが、その中で谷回りから仕掛けられる人、板の面で操作して重さを伝えられる人は問題ありませんでしたが、山回りで後半にエッジングを強めて、板の角でとらえようとする人はバランスを崩しやすく、頭から入る体が回る人が多かったように感じました。

 そんな状況でしたが、例年並みの60%の合格率になったのは、受検者の滑りがそのハードなバーンでも滑れる実力を持った人も多かったことを証明するものだったと思います。
 このハードな状況で、こちらもそれをある程度考慮しながら見てはいますが、合格できた方はしっかりした実力を持っていると思いますので、自信をもってこれからのスキーライフに生かしていってほしいと思います。

 合格された皆さん、おめでとうございます。今シーズンを締めくくる良い結果までかなりの努力をされてきたと思います。大変お疲れさまでした。そして残念な結果となった方々は、もうちょっとで惜しい方もしました。でも何かもう一歩足りなかったことを受け入れて、次はぎりぎりではなく余裕で合格できると自信を持てるように頑張っていってもらいたいと思います。現に昨年は見ていてあちゃーと思っていた方が、今年はうまくなったな~と思って75をつけさせてもらいました。その方は無事に合格できました。やはり努力は裏切らないということは自分で分かったと思います。

 そして、高畑スキー学校の皆さま、養成講習会から大変お世話になりました。素晴らしいバーンを提供いただきありがとうございました。
 うちから往復400キロ、養成講習会から数えると3回お邪魔しました。福島県はほんと広いな~と思うシーズンです。
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: お世話になりました!

合格おめでとうございました🎊

申し訳ないですが、昨年の滑りを良く覚えていないので、どのくらいだったのかわからないですが、ナイターシーで見た時には何で昨年ダメだったのって思うくらいの滑りで、すぐに大丈夫だなと思いました。

左右のバランスや大回りの乗る位置というかポジションがちょっと心配でしたけど、いい滑りだったですね〜。
あだたらでは若手だと思うので、ますますこれからも頑張ってください。

お世話になりました!

準指導員検定会ではお世話になりました!
今回嬉しい結果になったのは、直前に練習会に参加させていただいたおかげです。緊張感のある中で滑った上で改善点についてアドバイスをいただけたので、当日は自信を持って望むことができました。本当にありがとうございましたm(_ _)m
プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ