お祝い会・反省会?

 毎日毎日忙しくて、なかなか更新できない状況ですみません。
 久々に更新したいと思います。

 土曜日の夜は、クラブから指導員、準指導員を受検された3人の方から、お世話になった先生への感謝の会的な会を開いてもらえれて、参加してきました。そういう感じですが、お祝い会&反省会的な感じでした。

 私は指導員の養成講習会と、準指導員検定会に携わっていたので、指導員検定会は詳しくはわかっていなかったので、受検されたKさん、Mさんからいろいろ詳しく教えていただきました。その中で、福島県の受検者はみんなまとまっていて仲良く楽しく受検できたんだな~とあらためて思いました。

 お二人とも合格されたので、話を聞くと滑るための理論ができてきた、わかってきたということがやはり一番大きかったのかなと感じました。自分で滑るための理論がしっかりできてきたから、自分で滑りをコントロールできるようになってその種目種目の求められる要素を見せることができたから合格されたんだと思います。
 指導員なので、一番大事なものは言葉で話をした滑りを実技で表現することではないかと思います。うまいか下手かではなく、しっかり滑りを見せることが大事なんだと思います。

 また、準指導員受検のFさんは、今回残念な結果でしたが、受検したことでまだ理解できていなくても、わからないものが何かというものがわかったと思います。その理論も滑りもマスターできれば合格できるということが分かったことで、来シーズンに向けて目標をしっかり持って滑ることができると思います。

 それと、KさんとMさんが、とてもナイターシーが勉強になった、ナイターシーで成長できたような感じで話をしてくれたので、講師の立場として私はうれしかったです。そして、うちのクラブからスキー技術員や専門員が出ていることに対して、しっかりクラブ員に還元してあげなければ意味がないな~と思いました。
 私個人が感じることですが、やはりナイターシーに参加されているクラブ員の方々は、レベルが高いというかクラブ内でも滑れる方の方々ばかりなので、ナイターシーあってのクラブ員のレベルアップにつながっているのではないかと思っています。私自身も普通に事務の仕事をしているサンデースキーヤーですので、教える機会というのはスキー場で働く方々より断然少ないです。その中でも毎週水曜日に必ず誰かを教えるということは、私の教える立場としての理論だったり、実技だったりのレベルアップにつながっていると思います。

 そんな感じで、スキー談義ばかりで話し込むうちに1次会の場所で、18時から23時近くまで居座ってしまってました。
 でも、おいしい料理とエビスビールを堪能して、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

 Kさん、Mさん、指導員合格おめでとうございました。
 そして、Fさん、来年こそは準指導員合格で行きましょう。
 また来シーズンもナイターシーに参加していただきたいと思います。
スポンサーサイト

theme : スキー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ