霊山神社春季例大祭

 ゴールデンウィークは、滑り納めに皆さんいかれましたか。
 私は、霊山太鼓の演奏やら、ちょっと旅行やらで滑りに行けずに終わりました。
 やる気なくてだめですね。

 今日は、4月29日に毎年恒例の地元の霊山神社春季例大祭が行われました。
 このお祭りでは、濫觴の舞という剣舞が奉納されるのですが、この辺りでは非常に珍しいので、コアな方やカメラマンなどに人気で見物客の半数以上はカメラを持っているって感じの雰囲気で行われます。

 濫觴の舞は、霊山神社に祀られている南朝方の雄、北畠顕家が、国府のある多賀城が危うくなったことで、伊達家を頼りに霊山城に国府を移すために霊山城に入城した時に、霊山の民たちが武運を祈って剣舞を舞ったという言い伝えから、霊山神社が建立された明治以降、脈々と引き継がれて春季例大祭で奉納されている舞です。
 この舞は、大石という地域の北又と呼ばれる地区の男子の子どもだけが舞うことができたのですが、少子化で男女になり、北又だけでなく大石全域に広がり、今では大人も混ざって何とか引き継がれています。

 こういった伝統を何とか引き継いでいってほしいと思いますが、子供の数も少なくなってきているのでなかなか厳しいとは思いますが、何とか続いていってほしいですね。

 あとは、どこにでもあると言ったら語弊がありますが、獅子舞と霊山太鼓が奉納されました。
 私も氏子として、霊山太鼓のほうをたたかせてもらいました。地域の行事に参加する、協力するのは当たり前のことですが人数が少ない中で頑張るというのは大変なものがあるな~改めて感じました。
 どうやったら、地域が盛り上がるのか、どうしたら人がたくさん来るのか、考えながら祭りも運営していく時期に来ているのかなと思います。
 伝統とただ引き継ぐだけではなく、見物客的に見せる、見られることを意識して見直しをしていってほしいな~と思います。そしたら剣舞はかっこいいし、人気がもっと出ると思います。

 でも、今年も無事に終わってほんと良かったと思います。
 携わった皆さん、お疲れさまでした。
スポンサーサイト

theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ