ICIカスタムフェア

 日本最大級でスキーの展示会って言ったらICIカスタムフェアだと思います。
 その展示会が先週末は仙台で開催され、おそらく東北のスキーヤーはたくさん来場されたのではないかと思います。

 そういっている私もちょっとですが見てきました。というかお話がしたい人がいてという感じです。
 土曜日の10時に行ったのですが、入場するのに長蛇の列になっていて、こんなの初めてって思いながらだいぶにぎわっているな~と感じました。
 入場すると結構人が多くていつもよりスキー人気が過熱してきているのかなと思うくらいでした。

 私は一通り見て、お世話になっているオガサカブースに行って、福島の山田君といろいろと話をさせてもらって来シーズンは技術選でてほしい~と言ったら、前向きな感じだったので出てくれたら福島にとってもプラスになるなと思いました。そして、いつもお世話になっている関さんにも挨拶をしてきました。オガサカブースも人気で忙しそうにしていたので関さんもちょっと疲れている感じでしたが、でもいいことだな~と思いました。

 オガサカのスキーもレクザムのブーツも、ゴールドウィンのウェアもお勧めですが、カスタムフェアを見ていて気になったのは、ダカインのブーツケースかな。
 私も愛用しているのですが、そのシリーズとは違って両サイドにポケットと前にも2つポケットがあって、リュックタイプでコンパクトな感じなのに、私の使っているものより小分けにたくさん入りそうなので、同じダカインでもこちらがいいな~と思いました。ただ今のものもまだまだ使えるので替えるときにはこれがほしいな~と思いました。

 そのほかには、C3fitもいろいろなものが出ていて、光電子(こうでんし)のものは暖かそうでいいな~と思うのと一番スタンダードなタイツが裏側がシームレスになっていて、肌に縫い目の痛みがないようになっていて、敏感肌の人などにはとてもいいな~と思いました。
 あとは、登山するのに、バフの通常モデルではなく、虫よけ機能になっているものがいいな~と思いました。

 これから真夏の暑いシーズンですが、皆さん冬が楽しみだと思います。
 いいアイテムを購入してまた楽しいスキーライフにつながるといいですね。

theme : スキー
genre : スポーツ

産ヶ沢川ホタル自然公園

 やっと梅雨って感じになりましたが、初夏を探しに今年も隣町のホタルスポットに行ってきました。

 昨年は、暑かったせいか、6月20日ごろでピークを過ぎた感じだったのですが、今年はまだ飛び始めた程度で少ない感じでした。
 場所に着いてから、どこで撮影しようと思っていたら、地元の方がきて、「飛び始めたけど少ないよ」「公園よりここの橋はあたりのほうが飛んでるね」と言われて、昨年も公園の中ではなく、その手前の道路と川が並行しているところで撮ったのを思い出して、今年もやはり同じところに発生するのかなと思いながら、昨年撮ったところよりは公園寄りで、橋と民家があるところで撮ろうと決めて、カメラをセットしました。

 まだ明るいうちに、ピントと画角を合わせて、まずは薄暗い状況になったら、背景のために撮影をして、あとはホタルが出るのを待ちました。
 ホタルは、なぜか20時~21時の間にしか出てこないので、その時間まで待つと、川の草むらの中が光りだして、そこからぽつぽつと飛び始めました。20時20分ごろに一番数が多くなったのですが、車の通ると車のライトで撮れないし、ホタルも一時飛ばなくなるので、かなり難しかったです。

 でも、何枚かいい感じに取れたので、背景で撮ってたものと合わせて調整してみました。
 ホタルって、ホタルだけ取るとどうしても真っ黒な背景に、緑の光の線が出るので、幽霊のように不気味な感じになります。だから背景を入れてあげないと絵にならないので、明るいうちに背景を撮っておかないといけないと思います。

 そして、地元の方々の河川清掃など、ホタルを守る取り組みに感謝したいです。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

武尊山登山

 週末に群馬県にある武尊山に行ってきました。
 この山は、日本百名山なんですが、唯一、国立・国定公園、県立公園にも指定されていない山で、非常に珍しい山です。


 武尊神社とかあるのでどちらかというと、月山や鳥海山のように信仰の山なのかなと思ったのですが、山頂に御宮とかなかったのでそういう感じでもないのかなと思います。
 武尊山は尾瀬の至仏山、日光の日光白根山・男体山、谷川岳に囲まれた山で、皇海山や赤城山、平ヶ岳とか、北アルプスや南アルプスの次くらいに数が密集している百名山銀座です。

 メジャールートは西側から登るルートですが、福島から向かうには反対側に行くのは時間を要するので、東側のルートを探して、穂高牧場キャンプ場から登るルートが、標高1500メートルくらいから登れるし、時間も短いのでいいかなと思いそちらに向かいました。
 でもそこは、キャンプ場の営業をしているからだと思いますが、そこに行くまでのゲートが朝の7時30分開門、そして17時に締まるというもので、登山行程約8時間かかるのでかなり厳しい条件でした。私は5時30分くらいに着いたので、2時間待っているより登った方がいいかと思って、標高1000メートルから登ってキャンプ場まで約1時間ほど歩き、開門よりは1時間早く出れるからいいかとは思いましたが、行き帰りを考えるとそれがつらかったです。

 そんなトラブルもありましたが、森林の中を歩き、雪渓を歩き、山頂に着いたら、そこは1等三角点のある場所で、とても見晴らしのいいところでした。
 そして、至仏山がすぐそこに見えて、ちょっと奥に燧ヶ岳、脇に日光白根山が見えて、とてもいいところでした。
 日光白根が一番標高が高くて、2500を超しますが雪がなくて、2000ちょっとの武尊や至仏がそこそこ雪があって、もっと標高の低い新潟側がまだ真っ白な感じで、標高より降る量が違うんだな~と思いました。だから月山も標高はそれほど高いわけではないけど、夏スキーができるんでしょうね。

 武尊山、ちょっとつらかったけど、景色のいい山でした。

theme : 登山
genre : スポーツ

全国植樹祭1年前記念イベント

 先日の日曜日に霊山こどもの村で、全国植樹祭1年前記念イベントが行われました。

 私は、またまた霊山太鼓の演奏で、式典前のアトラクションと植樹終了後に行われる午後のアトラクションの2回演奏で会場に行ってきました。
 県知事や、来年行われる全国植樹祭の会場の南相馬市長など、多くの来賓と県内各地の緑の少年団が参加していました。写真はないですが、司会は福島テレビの浜中順子さんで、アトラクションには厚切りジェイソンも来て盛り上げてくれました。

 ほんと震災以降、いろいろな支援をいただき、この植樹祭も震災がなかったら行われていないと思うと、震災が来たからよかったわけではなくて、その支援に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 記念植樹の方では、こどもの村の園内に代表者植樹として、三春の滝桜の子孫樹を5本植樹して、一般植樹では山桜を植えたようです。
 この桜が大きく育って、震災の記憶をずっと後世まで残るようにできるといいな~と思いました。

 そして、南会津から伊達市の端、霊山こどもの村に遊びに来てくれた、この方に太鼓の演奏前にステージの上から気が付いて、びっくりしました。
 南会津から4時間かかったって言われて、福島は広いな~と改めて思いました。わざわざ伊達市までお越しいただきありがとうございました。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

オガサカのスキー

 そろそろ展示会の季節ですが、皆さんはどちらの展示会に行くんですかね。
 やはり、石井スポーツの展示会なのかな。
 私も時間があれば見に行きたいな~とは思っています。
 でも、買うのは大体決まっているので、なんか知らないアイテムないかなって感じですかね。

 私はオガサカの板なので、他のメーカーはよくわからなくて説明できないので、オガサカの板のことをちょっと書きたいと思います。
 たぶん、一般スキーヤーでどちらかというと指導員や指導員を目指しているコアな方々で一番使用率の高いスキーメーカーがオガサカだと思います。
 その中でも、TC、ケオッズ、ユニティが人気なのかなと思います。

 今年のオガサカは、全体的に強いスキーに変わっている感じです。
 特にTCは、オガサカ独自の構造、シェルトップからサンドウィッチに変わりました。
 シェルトップは、キャップ構造の軽量、操作性に優れたものと、サンドウィッチ構造のきれいなたわみや強さに優れたもののいいどことりで人気のある構造です。
 でも、スピードや強さを求めていくと、やはり限界があるのだと思うので、長年、基礎系はシェルトップでしたが、サンドウィッチ構造に切り替わったのかなと思います。
 実際に技術選などでは、プロパーの板で出場する場合は、TCではなく、トライアンのレース系の板で出る方もいます。

 そこでというわけではないと思いますが、トップ選手であっても自信をもって使ってもらえるくらい強いスキーということで、サンドウィッチになった感じだと思います。
 私は試乗したわけではないので、何とも言えないですけど、話を聞く限り今までのイメージよりは張りが強くなって帰りが良くなって、操作性よりは走り重視の板に変わったのかなと思います。

 走りを求めている方は、今までの板と今までのプレートの仕様で、十分に体感できると思います。そして今までの操作性を求めるなら、今使っているプレートをワンランク柔らかいのにするといいのかなと思います。
 また、プレートを同じにするなら、TCの方はケオッズに、ケオッズの方はユニティにするのもありだと思います。

 それだけ、今まで以上にしっかりしたスキーに仕上がっているようですので、その辺りも展示会で聞いて参考にしてもらえたらいいかと思います。

 

theme : スキー
genre : スポーツ

福島ミュージック花火

 6月に入って急に寒い日が続いていますが、体調とか崩してないでしょうか。

 私は至って元気ですが、月山になかなか行けない日を過ごしています。
 土曜日の夜は時間があったので、福島ミュージック花火を見に行ってきました。

 2年ぶりの開催らしく、前回は2015年のようですが全然知りませんでした。
 時期的にみても、2012年に伊達市の阿武隈川河川敷で行われた復興花火の流れの花火大会なのかなと思いながら見てきました。

 約1時間の中で、4つくらいに区切られて、音楽とともに大きな花火や、連発するスターマイン、すごい高さの炎などよそ見のできない連続する花火でした。
 有料のあづま球場の中と、無料の外側にも多くの観客が見に来ていて、大きな拍手が起きていました。

 私は、寒そうだな~と思いましたが、長袖2枚と雨具を羽織れば大丈夫だろうと、防寒着の準備はしませんでした。そしたら、ものすごい寒くて、手が凍えてシャッターを押す感覚がないし、体はガタガタしてくるし、ほんとつらい中で撮影しました。

 とりあえずは、良さげな写真は撮れて満足はしましたが、寒さ対策はしっかりしないといけないなと反省しました。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

野球観戦

 なかなか更新できてなくてすみません。
 最近、忙しく話題がないのもありましてなかなか手を付けられないでしました。

 今日は、久々に話題もあるので更新したいと思います。
 先日、楽天対巨人の交流戦を見てきました。
 楽天ファンですが、セリーグでいくと巨人好きなので、交流戦で当たるときはいつも見に行くようにしてます。

 巨人は、日本のエース菅野。楽天も今季好調の辛島。
 これは投手戦で、お互いに降板したあとの7、8、9回勝負かなと勝手に想像していきましたが、初回からゲームは動いて、1番茂木が10球粘ってレフト前ヒット、2番ペゲーロが三振はしたけどかなり粘りました。3番聖沢も倒れて4番ウィーラーの場面でもう20球以上投げていて、菅野がてこずっているように感じていたら、2ランホームランで幸先よく2点を取りました。

 そして次の回が大事だと思ったら、先頭のマギーのレフトライナーを聖沢が後逸して、圧倒いう間に点が入って、菅野からはこれ以上取れないからやばいと思いましたが、パリーグ首位、チーム打率ナンバー1の楽天打線は止まらず毎回得点で重ねて、藤田の今季1号のホームランで菅野から8点も取りました。

 その後も、点数を重ねて13対5の圧勝。
 ハーマンも松井裕樹も温存の快勝で勝ちました。楽天強いですね~。

 久しぶりにコボパーク宮城に行きましたが、一段とボールパーク化していて、球場前のビアガーデンでちょっと飲んでから観戦とか弁当やグッズ売り場も一段と増えたような感じがして、すごく賑わってるし、雰囲気がめっちゃよかったですね~。来るだけで楽しいと感じるってことは楽天の思っているボールパーク化が成功しているってことなんでしょうね。

 これから、梅雨時期に入りますが、スキーヤーにとっては各ショップなどの展示館が楽しみな季節ですね。
 もう来シーズンって感じですが、私も来シーズンのアイテムとか考えてみたいと思います。

theme : 野球全般
genre : スポーツ

藤の花

 週末は天気はいまいちでしたが、月山に行かれた方も多いんでしょうね。
 私は、いろいろと用事があって月山にはまだ行けていないです。

 用事と用事の間に、今が見ごろのフジの花を写真におさめようと福島市上野寺の菅野さんという方の藤棚を見てきました。ネットで調べてみたら、福島市内で検索するとここがすごいということで見てきました。
 個人の庭にある藤棚ですが、通路やベンチ、無料のお茶までセットされていて、一般開放されていてほんとすごいな~と思いながら見てきました。桜もそうですが、日本人って花があると見に行きますね。私のほかにも結構なお客さんが見に来ていました。

 藤は全部で3本なのかなと思いますが、藤棚にびっしりと広がっているので圧巻の藤のカーテンが広がっています。
 素晴らしいとしか言う言葉が出てこないですね。

 藤の淡く青みのある紫がとても好きで、さわやかでほのかに甘い匂いが広がっていました。
 見ごろは過ぎたかなと思いますが、18日ごろまでは見れそうだということでお時間のある方はぜひ見てもらえたらと思います。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

今シーズン初登山

 今年のゴールデンウイークは、雪が多かったので近隣では、猫魔やグランデコ、天元台、山形蔵王などで滑れて、皆さん満喫されていたと思います。

 私は滑りに行きたいな~と思いながらも地域を盛りあげるため、霊山の新緑祭りで、霊山の登山口で霊山太鼓の演奏をしてきました。
 そして、せっかく行ったので、今シーズンの初登山をしてきました。
 いつもは、こどもの村側の登山口から登って往復して戻ってくる一般的なルートばかりなので、久々に霊山湧水の里という、昔の霊山の山頂にあった霊山寺などに向かう本ルートの霊山閣の近くから登って、こどもの村側に下山する縦走をしてみました。


 人でごったがえっていた、こどもの村側と違い、車数台くらいしかなく、ほとんど登山客ともすれ違わないくらい静かな中で登山が始まりました。
 こちら側は、紫明峰と呼ばれる側で、不動岩など大きな岩々がたくさんあって、眺めやダイナミックさでいけばこちら側のほうがすごいと思います。ただ、交通の便や登山道が険しいなどで人気はないですが、ほんとすごいな~とあらためて思いました。

 そして、日枝神社跡のあたりまで来ると、一般の登山客が登る霊山城跡の近くなので、だんだん登山客に会うようになって、霊山城から先は多くの登山客でにぎわっていました。


 今回の登山では、いつもは新緑なのですが、山頂周辺はまだ芽吹きだしたくらいで、全然青々してない状態で、今年のスキー場の雪の多さがうなずけるほど、霊山も寒かったんだな~と思いました。
 普段は散っているはずの山桜や、例年見ごろを過ぎているニリンソウも見ごろで、天気も良く最高の今シーズン初登山となりました。

theme : 登山
genre : スポーツ

霊山神社春季例大祭

 ゴールデンウィークは、滑り納めに皆さんいかれましたか。
 私は、霊山太鼓の演奏やら、ちょっと旅行やらで滑りに行けずに終わりました。
 やる気なくてだめですね。

 今日は、4月29日に毎年恒例の地元の霊山神社春季例大祭が行われました。
 このお祭りでは、濫觴の舞という剣舞が奉納されるのですが、この辺りでは非常に珍しいので、コアな方やカメラマンなどに人気で見物客の半数以上はカメラを持っているって感じの雰囲気で行われます。

 濫觴の舞は、霊山神社に祀られている南朝方の雄、北畠顕家が、国府のある多賀城が危うくなったことで、伊達家を頼りに霊山城に国府を移すために霊山城に入城した時に、霊山の民たちが武運を祈って剣舞を舞ったという言い伝えから、霊山神社が建立された明治以降、脈々と引き継がれて春季例大祭で奉納されている舞です。
 この舞は、大石という地域の北又と呼ばれる地区の男子の子どもだけが舞うことができたのですが、少子化で男女になり、北又だけでなく大石全域に広がり、今では大人も混ざって何とか引き継がれています。

 こういった伝統を何とか引き継いでいってほしいと思いますが、子供の数も少なくなってきているのでなかなか厳しいとは思いますが、何とか続いていってほしいですね。

 あとは、どこにでもあると言ったら語弊がありますが、獅子舞と霊山太鼓が奉納されました。
 私も氏子として、霊山太鼓のほうをたたかせてもらいました。地域の行事に参加する、協力するのは当たり前のことですが人数が少ない中で頑張るというのは大変なものがあるな~改めて感じました。
 どうやったら、地域が盛り上がるのか、どうしたら人がたくさん来るのか、考えながら祭りも運営していく時期に来ているのかなと思います。
 伝統とただ引き継ぐだけではなく、見物客的に見せる、見られることを意識して見直しをしていってほしいな~と思います。そしたら剣舞はかっこいいし、人気がもっと出ると思います。

 でも、今年も無事に終わってほんと良かったと思います。
 携わった皆さん、お疲れさまでした。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

プロフィール

福島不忘SCHP管理者

Author:福島不忘SCHP管理者
性  別:男性
生 ま れ:1976年
血 液 型:B型
住 ま い:福島県伊達市
資  格:指導員・A級公認検定員
主な活動:県連・クラブ事業
趣  味:登山
好きなスポーツ:野球・スキー
特  技:霊山太鼓

Kiyotaka Kitsunai

バナーを作成
最新記事
support supplier
リンク
FC2カウンター
QRコード
QRコード
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ